軽自動車といえば、通常黄色ナンバーでしたが、この度、軽自動車でも「白ナンバー」が取得できる事になりました!
軽自動車の白ナンバー取得方法・変更にともなう手続方法や費用などについてまとめていきたいと思います。

軽自動車のナンバープレートは、1975年より現行の「黄色いナンバープレート」でしたが
いかにも「軽自動車」という感じで、あまり乗りたくないというたユーザーもたくさんいました。

その声に応えるがように、017年4月より、いよいよ軽自動車でも「白ナンバープレート」に変更が可能になりました( ´∀`)

2019年にアジアで初めてラグビーのワールドカップが日本で開催されます。それを記念して日本初の「特別仕様ナンバープレート」が2017年4月より交付されることになりました。この特別仕様ナンバープレートは白色ベースとなっていますので、黄色ナンバーが不評だった軽自動車ユーザーから、軽自動車でも「白ナンバー」が取得できると、早くも人気沸騰中です。その取得・変更手続方法や料金などについてまとめていきます。


白ナンバーにする方法は2つあります

軽自動車のナンバーを白ナンバーにするには主に「ラグビーナンバー」と「オリンピックナンバー」の2つがあります。
どちらも国民的イベントに関連する特別仕様のナンバープレートです。
事前申し込みを必要とする特別仕様のナンバープレートですが、どちらも簡単に行うことができるのでおすすめです。

軽自動車の「白ナンバー」とは、2017年4月から期間限定で取得できる「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」のことで、このナンバーは軽自動車のみならず、自家用登録自動車(普通車の白ナンバー)、事業用登録自動車(緑ナンバー)も同様に取得できます。

やはりラグビーナンバーは大ヒット!

想定通り、ラグビーナンバーは大ヒットしました。
特に東北での申込数は想定以上で、申込数は他の地域の数倍に至ったとのことです。
ラグビーナンバーのヒットを受けた国土交通省も、軽自動車ユーザーの「白ナンバーを着けたい」という要望が多いことを把握しているそうなので、今後は通常のナンバープレートについても希望が持てるかもしれません。
軽自動車は通常は黄色ナンバーですが、特別仕様ナンバープレートはすべて白ナンバーをベースに作られていますので、軽自動車の白ナンバーが実現するというわけです。

東京オリンピック特別仕様ナンバープレートは、その名の通り東京オリンピック・パラリンピックを記念する特別仕様白ナンバーです。
公募で選ばれたというオリンピックナンバーは、図柄入りとエンブレム入りがあり、どちらも普通車・軽自動車問わずベースは白ナンバーです。
図柄入りのデザインはナンバープレート全体が色鮮やかなデザインになっていますが、エンブレム入りはシンプルデザインで見た目は通常の白ナンバー風です。

また、左のナンバープレートは1000円以上の寄付を必要としますが、右の特別仕様白ナンバーに限っては、ナンバープレートの交付料金のみ(東京地区は7,210円)のみで変えることができます。
事前申し込み受け付けはすでに開始しており、10月10日から交付される模様です。