みなさんって知ってますか?

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1は、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンラインゲームや音楽のダウンロード等で利用できる「電子マネー」と呼ばれるものがあるが、電子マネーは、法定通貨を基準とした電子的なデータであり、特定の企業やサービスの範囲内での利用にとどまる。それに対し、は、日本円や米ドル等の法定通貨と同様の新たな通貨であり、かつ、特定の国や地域に限定されない無国籍の通貨でもある。また、通常の通貨は、銀行口座などを開設し管理することができるが、を管理するための銀行のような組織は存在しない。の管理は、を扱う者同士が対等な関係で取引可能な、「P2P(Peer to Peer)」と呼ばれる通信システム上で、専用プログラムを介して実現されている。
を扱うためには、まずスマートフォンやパソコンに専用のプログラムをインストールし、「ウォレット」と呼ばれる財布や口座情報に相当するシステムを作成する。ウォレットは、銀行の口座番号に相当する「アドレス」という番号を持ち、を利用するシステム上では、どのウォレットにがいくらあるとか、アドレス同士の送金履歴といった取引情報等が公開されている。しかし、ウォレットの持ち主などの個人情報は公開されていないため、高い匿名性が保たれている。
ところが、2014年2月、東京都内での売買を行っていた私設の取引所「マウントゴックス(MTGOX)」社が、顧客から預かったなど数百億円を消失したとして経営破綻するという事件が発生した。(その後、同社CEOによる横領等の疑いが強まり、警視庁は、2015年8月に、私電磁的記録不正作出・同供用容疑でCEOを逮捕している。)
この事件で、の安全性や信頼性が疑問視される時期もあったが、その後人気は高まり、2015年にの米ドルとの交換レートが300米ドル前後だったのに対し、2017年9月には3000米ドルを超えるほどの高値を付けるほどになっている。ユーザ数も急激に増えたため、取引に時間がかかるようになったことなどが原因となり、17年8月1日には、が分裂し、「キャッシュ」と呼ばれる、とは互換性がないが、よりも取引の処理速度を向上させた仮想通貨の新たな運用が開始された。

みなさんは(本当は仮想通貨と言いますが)について知ってますか?
簡単に言ってしまえば、今まで日本円からUSドルに換える時、為替手数料という手間賃が発生します。
しかし、こののインフラが整えば、そんな手数料を必要とせず、世界各国で使用できるバーチャルな通貨と言われています。
そのの価値がここ最近でグイグイ上がっているのです。
その理由としては、先にも説明した通り、が普及されると、とてもメリットが増えると言われています。
先のように両替手数料も不要となりますし、例えば自国の通貨がハイパーインフレを起こして、トイレットペーパーよりも紙幣の価値が落ちてしまった場合にもで資産を抱えていれば、そんな危機も回避出来ると言われています(めちゃくちゃざっくりな説明です。あしからず)
もちろん、ハッカーの手によって、あるはずだったコインが無くなってしまうというデメリットもあります。
その辺については、改めてお伝えしたいと思います。

(仮想通貨)のリアルタイムチャート動画

で、株などと一緒で、コインの価値はその時々によって変化します。
安くなったり高くなったり、分単位でどんどん変化している状況です。
安いうちに購入しておいて値上がりしたら売却したいという方が殆どだと思います!
が、いつ買えば良いのかわからない!
それに、上げ下げが全然読めない!
という方におススメな動画を見つけました!
こちらの動画、非常にわかりやすい内容になってます!
ぜひご覧になって見てください!