5月20日、ボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦で村田はアッサン・エンダムに判定で敗れていたが、WBAのヒルベルト・メンドサJr会長は採点に疑問を呈し、再戦を指示。この日の対戦では7回を終了した時点でエンダムが試合を放棄し、村田がテクニカルノックアウト勝ちとなった。
試合後の勝利インタビューで村田は、詰めかけた観客に向かって感謝の意を述べたあと、まず帝拳ジムの本田明彦会長、チーム帝拳の名前を挙げた。
続けて、村田は微笑みながら「みんなあんまり好きじゃないかもしれないけど、電通のみんな」「また、あんまり好きじゃないかもしれないけど、フジテレビのみなさん」と言葉を続け、「ホント、みなさんのおかげです。ありがとうございます」と語り、会場の笑いを誘っていた。
村田諒太、勝利後に電通とフジテレビに感謝の言葉 会場では笑いも

村田諒太選手が電通とフジテレビをディスった?その理由は?

2017年10月12日は衆議院選挙の開票日で、他局は人気番組を休止して選挙速報を放送していた中、フジテレビだけがボクシングの放送に踏み切りました!




選挙特番といえば、池上彰さんのテレビ東京に視聴率が集まるのは必至ですので、フジテレビとしては、してやったりだと思われます。

ちなみに、田村諒太選手の発言はフジテレビをディスっているように取れますが、全くそういった意味では無い模様です。