キタサンブラックの種馬(種牡馬)としての値段はいくらか?

キタサンブラック 北島三郎

◆第156回天皇賞・秋・G1(29日・芝2000メートル、東京競馬場、不良)

 1番人気のキタサンブラック(武豊騎手騎乗)が出遅れながらも直線早めに先頭に立ち、2番人気のサトノクラウン(Mデムーロ騎手騎乗)とのたたき合いを制して春秋連覇を達成した。

 3着は追い込んだ13番人気のレインボーライン(岩田康誠騎手)だった。


キタサンブラック関連記事
キタサンブラックが落鉄(競馬)原因は?影響は?画像・動画あり
キタサンブラックの種馬(種牡馬)としての値段はいくらか?201
北島三郎がキタサンブラックをいくらで購入?獲得賞金額はいくら?

スポンサーリンク



G1天皇賞を春秋制覇するとはさすがキタサンブラックですね!
前日の取材では、勝つのは難しいのじゃないか?という声もありました・・・

キタサンブラックの種馬(種牡馬)としての値段はいくらか?

【天皇賞・秋(日曜=29日、東京芝2000メートル)栗東発トレセン秘話】終日通して不良馬場で行われた先週日曜の東京競馬。不良の中でもかなりの“悪路”だっただけに、1週間でどこまで回復するのか…。関係者の間でも意見が分かれるところだ。

「今の競馬場は昔に比べてずっと水はけがいいから、天気さえ悪くならなければ問題なく良馬場になる」(佐々木調教師)という声もあれば、「あれだけの馬場になったら1週間ぐらいで良馬場というのはちょっと難しいんじゃないか」(池添兼調教師)と様々だ。

 ただし、当日の発表上の馬場がどうなるにしろ、「秋の東京開催で開幕週からずっと馬場が悪いのは珍しいのでは」とマカヒキの大江助手がこぼしていたように、毎週のように道悪競馬を行ってきた芝の“疲弊度”はかなりのもの。ましてや今週末も台風の接近が危惧されているとなると…。

スポンサーリンク



G1天皇賞を春秋制覇する
それでも結果を残すところはさすがですね!

キタサンブラックの種馬(種牡馬)としての値段はいくらか?

キタサンブラック
生年月日:2012年3月10日(4歳)
性別:オス
品種:サラブレッド
馬主:大野商事
産地:北海道日高町

スポンサーリンク



G1天皇賞を春秋制覇する
父馬のブラックタイド産駒の平均が約500万円となっていますので
キタサンブラックも安くても種付け料は500万円は堅いと言われています。
しかも名馬となると種付けする回数は飛躍的に増えます!

おそらく300頭から400頭は種付けをするのではないでしょうか?

単純に考えて500万円×300頭で15億・・・
安く見積もってもそれくらいは行くと思われます・・・

北島三郎さんは本当に素晴らしい競走馬を購入され、羨ましい限りです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます( ´∀`)

キタサンブラック関連記事
キタサンブラックが落鉄(競馬)原因は?影響は?画像・動画あり
キタサンブラックの種馬(種牡馬)としての値段はいくらか?201
北島三郎がキタサンブラックをいくらで購入?獲得賞金額はいくら?