来年には出玉規制。パチンコ店の倒産が深刻化

規制強化のあおりで窮地に立たされているパチンコ業界。駅前の好立地でにぎわっていたホールも、いつの間にか閉店しており、業界環境の厳しさがうかがえる。こうしたなか、パチンコホール経営業者の倒産件数が増加に転じた。今何が起こっているのか。
スポンサーリンク



まず、業界関係者が“パチンコホールの倒産増加”と聞いて思い出すのは、2004年以降に発生した5号機問題にさかのぼる。これは、射幸性の高い4号機のパチスロ機をホールから撤去し、新基準に沿った5号機のみ設置するという規制がきっかけで生じた。規制強化により、新台入荷を強いられたパチンコホールは、費用負担が生じただけでなく、射幸性が落ちたことで集客力も低下してしまい、経営が厳しくなった。

05年は39件、06年は54件の倒産が発生。この間に大手パチンコホール経営業者が倒産したほか、金融機関の取引スタンスが変化したなど複合的な要因が重なり、07年と08年は、それぞれ72件の倒産が発生。これが過去最高の水準となっており、業界関係者にとって苦い思い出となっている。

近年は落ち着いた状況にあり、倒産推移も15年は17件、16年は13件と低水準だった。しかし、16年以降は規制強化で潮目が変わった。16年12月は非適合機種の撤去期限とされたほか、17年9月は5・9号機への切り替えが義務付けられた。余力があれば問題にならないのだが、現在のパチンコ業界にそこまでの余力はない。日本生産性本部の「レジャー白書」によると、16年のパチンコ・パチスロ市場は前年比6・9%減の約21兆6260億円。従前は30兆円の市場規模を誇っていたが、13年からは4年連続で減少している。

先行きの見通しも厳しい。18年2月には、出玉規制が控えている。平均の遊戯時間を4時間と想定して、1日の出玉上限を従来の3分の2の5万円分とするものだ。射幸性の低下でさらなる集客力の低下が懸念されている。現状が厳しい業界環境で、かつ先行きも不安視する声が多いという背景があるなか、17年の倒産件数は、9月時点で16件と前年を上回った。通年では、再び20件を超す見込みだ。5号機問題の再来が叫ばれるのもうなずける状況だ。

規制強化でパチンコ店の倒産時代がやってくる

パチンコの規制が強化されることでパチンコ店の経営状況が悪化し、倒産件数が増えそうだという記事が話題になっていますね・・・。
今回はその理由について調べてみました。
スポンサーリンク


なぜパチンコの規制が強化されるのか?

警察庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。

スロットなどについても同水準に規制を強化する。もうけの上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。11日に風営法施行規則などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法が昨年12月に成立したのを受け、政府のギャンブル依存症対策の一環として実施する。

警察庁によると、パチンコ依存問題の相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」に相談した人の約7割が、1カ月当たり5万円以上の損失を出していた。

改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の3分の2程度に規制を強化し、大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下げる。

パチンコ店の店長など管理者については、依存問題に関する従業員への指導・教育や客への情報提供などを、施行規則で定める業務に追加するなど規則の一部改正も行う。

上の内容だとちょっと難しいので、簡単に噛み砕いた内容だと
「大勝ちを期待して、たくさんのお金を投資しちゃうのが問題なので、最初から、そんなに玉が出ないようにしてしまえば、そんなに投資しないでしょ?」という規則なんですね。まぁ、リターンを期待するお客さんとしては、今までと負ける金額は変わらないのに、期待出来る出玉は少ない・・・。そんなの遊ぶ人減るに決まってますよね?
しかも、そういった、あまり玉が出ない機種を設置しなければならない(出玉がたくさん出る機械は、ある一定の時期までに撤去しなければならない)ので、ホールは機械代もたくさん必要という事です。うん、終わりの始まりの予感ですね・・・。

なぜパチンコの規制が強化するのか?

ただ、パチンコ店がたくさん潰れてしまうと、パチンコ店から徴収している税金をアテにしている警察庁としては、デメリットも多そうな気がするのですが、政府としてはまずはパチンコによるギャンブル依存症予備軍を一掃したいのが狙いだと言われています。そしてカジノ法案を通し、カジノを設置した方がトータルで得られる収益は大きいという事のようです。ただ、カジノにのめり込む人が続出しないか、心配ではありますが・・・

底なしの闇が垣間見えます

まとめ

今後、パチンコだけでなく、スロットも規制強化の対象となると言われています。
スポンサーリンク


パチンコ店は潰れた方が良い!という声が圧倒的に多いようですね・・・
個人としては、昔はよく遊んでいたので、好きな人はいけば良いし、嫌いな人は行かないので、どっちでも良いかな?という意見なのですが・・・
ただ、パチンコ店の駐車場で起きる幼い子供の車内放置はあってはいけない!と思いますので、仕方ない事なのかなーと思う今日この頃です。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。