豊田真由子 このハゲー 違うだろ

元政策秘書の男性への暴行・暴言問題で自民を離党し、無所属での出馬となった前職の豊田真由子氏(43)=埼玉4区=は22日の投開票の結果、5人の候補者中最下位の5位だった。得票数は2万1614票で、前回の8万8730票と比べ約4分の1に減った。新座市内の事務所に支援者の姿はまばらで、組織を離れた“草の根選挙”ぶりをのぞかせた。豊田氏は「私の力不足」と涙ながらに敗戦の弁を述べた
組織戦だった前回衆院選とは対照的に、スタッフのほかに訪れた支持者はわずか7人で、いずれも女性ばかりだった。午後10時50分ごろ、NHKが自民新人で元志木市議の穂坂泰氏(43)の当選確実を伝えると、支持者からため息が漏れた。
約10分後、豊田氏が事務所の奥から姿を見せた。選挙期間中に自ら「みそぎの白」と説明して着用した全身真っ白の姿とは違い、上下グレーのスーツ。冒頭、「私の力不足。支えてくださった皆様、支えてくださったスタッフやボランティアに申し訳ない」と頭を下げた。選挙期間中の張りのある語り口とはうって変わり、聞き取ることすら困難な消え入るような声だった。豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う

「このハゲー!」「違うだろー」

こんなことを言ったツケが回ってきちゃいましたね。今回の落選、当然といえば当然なのでしょう。
当選確率は限りなく0に近いと言われてましたが、2万票も入っている訳で勝負はわからないモノですね

でも

世間はそんなに甘く無かったという結論だと思います(´ω`)



日本テレビ系の選挙特番「ZERO×選挙2017」では豊田氏の落選確実を報じる際、画面の右上に「結果も『違うだろ~』?」と豊田氏の発言に絡めてテロップが流れた。同番組では、豊田氏の落選を伝える前、選挙期間中の映像を放映し、テロップで「ハゲー!お詫び行脚」と暴言に絡めて流した。続けて、ZEROの調査では埼玉4区で上位4人にも入っていないことを伝えた。その後に豊田氏の落選を伝え、「結果も『違うだろ~』?」と暴言を絡めて報じた。

ネット上では「ZERO、豊田真由子の最下位に結果も『違うだろ~』?ってあおってるの面白い」「豊田真由子の落選確実の時に、右上に違うだろ~ってあおりあって」「ZEROめっちゃ豊田真由子のことあおるじゃん」などのツイートが多く見られた。

もうネタになっちゃいますよね。あれだけ荒ぶった音声が流れてしまったら・・・

前衆院議員の上西小百合氏(34)がテレビリポーターに初挑戦した姿が、23日放送のTBS系朝の情報番組「ビビット」(月~金曜・前8時)でオンエアされた。

上西氏は、秘書への暴言や暴行で自民党を離党し無所属で衆院選に出馬した豊田真由子氏(43、埼玉4区)の選挙戦最終日に密着した。

車での移動中、報道用のマイクを手に「これ持つの憧れだったで、うれしいです」と笑顔を見せ、「私も豊田(真由子)さんと同じように過去2回選挙を経験している。立候補する側の気持ちも織り交ぜながら、新しい目線でリポートできればいい」と抱負を語った。

「現場の上西小百合です」とカメラの前に登場した上西氏。演説現場で、豊田氏と公明党候補者がニアミスしているのを見て「選挙戦は、(演説で)どこに立つかということを事前にそれぞれの事務所間で調整している。なかなかバッティングするということはないけど、豊田さんは無所属で、時間がなかったということで打ち合わせできなかったのではないか」と、国会議員経験者らしく解説した。

上西氏は、豊田氏の当落について「ご本人も今回の選挙で当選するっていうのは難しいと感じたと思う。次につなげるための立候補だと思うけど、次につながらないのではないかという印象を持っています」と冷静に分析。支援者などから声をかけてもらうと、当選できる気になってしまう“選挙マジック”があることも語った。

その後、豊田氏から直接握手を求められた上西氏は「選挙戦に密着させていただきました。がんばってください」と言葉を交わし、「選挙戦を通じて騒動後、騒動前と感じたことを教えてください」と質問。豊田氏から「ここで逃げれば楽だけど、逃げてはいけない。どんなに恥ずかしくてもどんなにつらくても戻ってきて、自分の責任を果たすのが責務」というコメントを引き出した。

食レポにも初挑戦した上西氏は、VTRの最後に「以上現場の上西でした」と発言。マイクを地面に置き、その場を去っていくという山口百恵さんの引退コンサートを真似たパフォーマンスを披露した。

しかも、あの炎上(元)議員の上西さんにまで、こんな扱いを受ける始末・・・

(今回も上西さんはしっかりと叩かれてますが)

まぁ自業自得ですね・・・

普段から行いは気をつけましょう!

反面教師としてあの「このハゲー」と「違うだろー」の音声をどうぞ!



「このハゲー」と「違うだろー」の音声