がまの油売り口上 ゼスチュアを上手く使う

ゼスチャーで話が具体的になり、 
     聞き手の想像性を強める  

 無限にある事実やことがらを、有限の言葉で表そうというのであるから、問違いなく表現し、相手に正確に受けとめてもらうことは、たいへん難しいことである。日頃、私たちは言葉を線状に連なる鎖のようにっなぎ合わせて、立体的な事実を表しているわけである。限られた言葉で、無限の事実や事象を間違いなく表そうというのは、どだい無理な相談である。ましてや、さまざまな 観客に対して話そうとすれば、言葉で表現できない、あるいは、ゼスチャーを加えたほうが効果的に説明できる。  

 たとえば、「箱」を説明する場合、言葉だけで「大きさが一辺50センチの正方形の箱で、色は・・・・」と説明するだけでなく、両手で宙に四角形を描きながら「一辺が50センチの大きさの箱で・・・・」と説明するとわかりやすい。  

 人は動きのあるものを目で追うものである。マジックショウなどは、この人間の本能を応用して見ているものに錯覚を起こさせる。動いているほうの手を見ているうちに、他方の手でトリックを仕込むわけである。話の上手い人の多くは、両手を自在に使いながら語っている。 

 身振り手振りを上手く使うと、自分への関心をそらさずにすむ。語る時は身振り手振りを上手く使うと、聞いているものにはわかりやすいものである。 
 このように、いわゆる、言葉だけで表現できないものを補うのがゼスチュアである。また、言葉で話し続けているなかで、言葉と違った視覚的表現が加味されることによって、音声言語としての単調さが破れ、話を立体的にする働きをするメリットがある。  

 ものごとは、視覚的に訴えればより具体的になり、聞き手の想像性を強めることになる。話の内容を正しく理解させ、聞き手の心をゆさぶる迫力ある話をするためには、ゼスチュアを含めて、体全体を道具にして話すことが欠かせない。 

         中間のお供の様子
       中間(ちゅうげん)とは武士のお供などをする奉公人のことで、
    武士と小人(雑用をこな)の間に位置することから中間という説がある。
     武士は外出するときには地位に応じて、連れて歩く供の人数が決め
    られていた。
     中間は、このときに挟み箱(着替、ぞうりなどをいれた箱)持ちや
    草履取りなどの役目を果たす。

       武士が外出する際にお供する中間たちはどこまでもついていった。
          主人が厠(かわや)に入ればその側で出てくるのを待った。
          
         竹内誠監修 「図説江戸7 江戸の仕事づくし」 株式会社 学習研究社 


ゼスチュアと “くせ” とは違う
  

 手をやたらに動かせば、それだけでゼスチュアになるというわけではない。話すときの身振りが機械的で、無意味なものであれば、それはゼスチュアではなく、むしろ“くせ”というべきものである。ゼスチュアは、補助的言語として意識的に使うべきものである。  

ゼスチュアは言葉の補足
 ゼスチュアは、私たちが話すときの手段として使っている、本来の意味の言葉を補うもの、つまり、補足の言葉といえる。「言葉」で表せない微妙な内容を、できるだけ分かりやすく、具体的に表現しようという狙いがある。
 また、無限にある事柄を、限られた言葉で表そうとすれば、たいへん大ざっぱな表現になってしまうこともあるので、詳細な面を補うという点からも、ゼスチュアを上手く使う必要がある。 

    「言葉」で表せない微妙な内容を表現する
 

動きや動作には節度が必要 
 言葉と合わないチグハグな動き、けじめのつかないゼスチュアや過剰な動作などは、かえって聞き手にわずらわしい印象を与えたり、耳から入る言葉への注意力を鈍らせたりする。さらに、聞き手が話し手の動きの中に軽薄さを感じることさえある。そうなると、話し手の信頼感は失われてしまう。 

このため、次のことに気を配る必要がある。
●動作と話す内容が時間的に一致していること。ズレがないこと 
●動きが相手から見て自然であること 
●動きが明確で、あいまいさがないこと  

ゼスチュアの種類 
 ゼスチュアには、次のような種類がある。 
●指示的ゼスチュア、目標や方向、最終到着地など示す 
●数量的ゼスチュア、話のポイントなどあげるとき、指をたてたり、まげたりして数量を示すしぐさがあるが、それである。いろいろな意味での数量を示す 
●形態的ゼスチュア、大きさや形を示すなど、イメージを描かせるもの
●動作的ゼスチュア、動きをそのまま、具体的に視覚化するも
●抽象的ゼスチュア、Vサイン、ガツツポーズ、「私にまかせろ」と胸をたたくなど、何かを象徴してみせるもの 

 大げさなゼスチェアーは、日本人の感覚にあわないので避けたほうがいいようだ。いかにもやっているという感じを抱かせたり、キザだと思わせるのも避けたほうがいい。ゼスチェアーは、あまり不自然な感じを与えないように注意しなければならない。

 聞く人に「推して知るべし」と突き放すのではなく、具体的なイメージがわくように語り掛ける。これによって観客は、口上を語る自分と同じ視点に立つことができる。


関連記事】

「ガマの油売り口上」はプレゼンテーションである

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/htshumei/e/0ba17ec99e4ac2641616603d2066eee4