市川海老蔵、娘麗禾ちゃん出演に「感動しました」


市川海老蔵の長女麗禾(れいか)ちゃん

市川海老蔵(40)らが出演する東京・新橋演舞場「初春歌舞伎公演」(26日まで)が3日、初日を迎え、「日本むかし話」に長女麗禾(れいか)ちゃん(6)が幼少かぐや姫役で出演した。

大きな声でせりふを言い、踊りも見せた娘について、海老蔵はブログに「麗禾。感動しました。良く出来たと思います。おつかれさま」とつづった。カーテンコールには2人が手をつないで登場した。

14年3月、熊本・山鹿市の八千代座で行われた「古典への誘い」の「芝居前三升麗賑」での舞台デビューで、泣いてしまってうまくできなかったことが、麗禾ちゃんにとって心残りだったそう。15年に弟の勸玄(かんげん)君(4)が初お目見えした時は泣かずにあいさつできたのを見て、悔しがっていたという。

この日は、勸玄君も客席で見守っていた。かぐや姫の物語が始まると、舞台中央の竹林から、流れ星の柄をあしらったピンク色の着物を着た麗禾ちゃんが登場した。観客の大きな拍手に少し緊張した表情を見せたが「私の名前はかぐや姫。おじいさん、どうか私を育ててください。動物たちに守られて、救ってくれる方をお待ちしておりました」と、しっかりとせりふを言った。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/eh2gt72w/e/74972908121762836785857b49a57ec9