木村拓哉をFRIDAYが独占取材 ジャニーズに関係者が激怒か

 

SMAP解散騒動以降、PRを兼ねたインタビュー以外はほぼ受けていない木村拓哉が、12月22日発売の「フライデー」(講談社)の直撃に応じている。ここに来て“木村が口を開いた”というだけでも驚きだが、それ以上に「“木村が『フライデー』に登場する”といったあり得ない事態に、各メディア関係者に衝撃が走っている」(スポーツ紙記者)ようだ。

 誌面では、木村がファンへの感謝のほか、独立問題で対立が報じられた中居正広や、ジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人についても言及。さらに、同誌のWebサイト「FRIDAYデジタル」ではインタビュー動画も公開するという。

「ジャニーズからすれば、何度も所属タレントのスキャンダルを撮られている『フライデー』とは相いれない関係にあるはず。それなのに今回、木村が同誌の直撃に応じ、中居との確執に関して『全然ないですよ』と明言したり、退所組の3人にも『悔いのないように頑張ってほしい』『敵になったわけじゃない』といった言葉をかけたりと、これまで一切触れてこなかった部分について自らの口で発信しています」(同)

 この展開に、テレビやスポーツ紙などの“ジャニーズ御用達メディア”が騒然としているそうだ。

「スポーツ紙や女性週刊誌、情報番組など、これまでジャニーズ側の意をくんだ報道に徹していた各媒体は、木村が初めて騒動について語る貴重なインタビューを、なぜ『フライデー』にやらせたのかと、ジャニーズに対して激怒している。しゃべったのは木村でも、掲載に至らせたのはジャニーズですからね。とはいえ、動画撮影に関しては、ジャニーズ側も『そこまでは聞いていない』と怒っているそうです」(テレビ局関係者)

 しかし当然ながら、インタビューに応じた木村の心境も無視できない。
「こうした悪影響が出ることは十分予測できたはずで、それでも木村がしゃべったのは、やはり世間からのバッシングに対して、相当なフラストレーションがたまっていたからでしょう。ファンに対する感謝の言葉は本心だと思われますが、だからといって『フライデー』相手に本音トークを繰り広げてしまったのは、マイナス面が大きいと言わざるを得ない」(同)

 各メディアの批判はさておき、世間は木村の対応、発言をどう受け止めるのだろうか。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/eh2gt72w/e/ddb27f75da48eef7a1cba5747ef57fd9