「違うだろ!」 NGT48メンバー暴行 その後の対応に怒りの声続々

「違うだろ!」 NGT48メンバー暴行 その後の対応に怒りの声続々


grape

2019/1/11 12:38

アイドルグループ『NGT48』のメンバー・山口真帆さんが、男性2人に暴行されたというニュースに衝撃が広がっています。

2019年1月、山口さんは動画配信サイトやSNSを通じ、涙ながらに被害を告発。

山口さんの帰宅時間や自宅といったプライベートな情報を、ほかのメンバーが加害者の男性に伝えていたことや運営側の対応への不満などを語っていました。

山口さんが事件にあったとされるのは、2018年12月。1か月近く経ったいまも、「殺されていたらどうなるのだろう」と語るなど、山口さんが受けた精神的被害の大きさは、はかりしれません。

しかし、2019年1月10日に新潟市内のNGT48劇場で行われた公演で、山口さんは「たくさんお騒がせしてしまい、まことに申し訳ありません」と謝罪。

「被害者であるにもかかわらず、なぜ謝らなければならないのか」「山口さんが謝罪するのは違うだろ!」と、ファンからは山口さんを気遣う声が多く上がっています。

芸能界からも怒りの声

今回の一件は芸能界にも影響を与え、元NGT48の北原里英さん、HKT48の指原莉乃さんらがコメントしています。

北原里英さん「謝らないで。悪いことしてないです」

NGT48に所属していたこともあり、すでに卒業している北原さんは「何かをいう資格がある人間ではない」としつつも「外から見ているからこそ思うことがある」と、複雑な心境を吐ろ。

あなたは謝るべきではありません!

謝らないで。悪いことはしていないです。本当に!頭を下げるのは間違っています!私が悔しい。

犯人である男性に謝ってほしいわけではない。だけど、こんなの変でしょ?絶対に間違っている。もう本当に悲しい。

記された言葉からは、北原さんの強い怒りと悲しみが伝わってきます。

指原莉乃さん「そこで謝らなくていいんだよ!」

指原さんは、4つのツイートに分けて長文を投稿。

モーリー・ロバートソンさん「この国の姿か?」

また、コメンテーターやジャーナリストとしても活躍するタレントのモーリーさんは、山口さんの一件だけでなく、日本の女性がいかに不当な扱いを受けているかを指摘。

なお、山口さんに暴行を加えたとされる男性2人は逮捕されたものの、後に不起訴処分を受けています。

発言から見て、山口さんは、2人の男性に対する処分や運営からの説明に納得できていないのでしょう。また、ネットをはじめ、さまざまな噂があるもののすべてが明らかにはなっていないため「誰の問題だ」と決めつけることはできません。

何よりも優先すべきは被害者である山口さんのケアであることは明らか。彼女が再び、アイドルという仕事と笑顔で向き合えるような決着を多くの人が望んでいます。


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8257834