元ジャニーズ純烈メンバー友井雄亮のDV報道、脱退とグループ休止は免れない

元ジャニーズ純烈メンバー友井雄亮のDV報道、脱退とグループ休止は免れない


wezzy

2019/1/10 20:05

 純烈の友井雄亮が過去のDVや女性関係を報じられ、これを認めた。“銭湯アイドル”として注目されNHK紅白歌合戦出場も果たした歌謡グループ・純烈。友井は10代の頃に関西ジャニーズJr.として活動していたが、4年で退所し俳優活動を開始、2007年から純烈として活動している。純烈」では、コーラスと全曲の振付を担当してきた主力メンバーだ。

しかし「週刊文春」(文藝春秋)の報道によれば、友井は2014~16年頃に交際していた芸能関係者の女性に、凄惨な暴力をふるっていた。最終的にはDVを受けた女性との接近禁止となり、「誓約書」を作成したという。その書面も同誌には掲載されている。

<私、牧山(友井の本名)雄亮はA子さんと結婚を前提に同棲生活をしている間に過激な暴力をふるい、頭、手首、太ももに大怪我を負わせてしまいました>
<度重なる浮気をし、あげく暴言を吐き、精神的にも苦痛を負わせました>
<A子さんを妊娠させ、流産させてしまい、その傷ついた体と心に輪をかけるように「逆によかったやん」と労わる事もせず>

あまりにひどい暴力の実態が伝わってくる。さらに友井は、A子さんと別れた後に交際した年上の女性・B子さんの貯金していた3000万円を競馬などに使い込んだ。B子さんは純烈の衣装にも関わっている。挙げ句、友井が浮気をして関係は終わったという。

同誌の直撃を受けた友井は誓約書の存在にも「ないです」としらをきっていたが、記事がwebで配信されると、ブログを更新。謝罪を綴ったが「すでに解決済み」などとし、すぐにそのブログ記事は削除された。友井は「誓約書」を書き接近禁止令を守っていたから「解決済み」との認識だったのだろうか。

その後、スタッフが「解決済みであるとする事実と異なる部分がございましたので、削除させていただきました」「事務所としても、A子氏に対して、今後も誠意を持って対応をして行きたいと考えております」とあらためて謝罪文を投稿している。純烈はこの件に関して、正式に会見を開く予定だ。10日放送の情報番組は、軒並みこの話題を大きく取り上げており、純烈がグループとして問題を抱えていることは世間に知れ渡った。グループの活動休止や友井の脱退は、免れないだろう。

当記事はwezzyの提供記事です。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8252208