松本まりか「初めての挑戦がたくさん」フェロモン満載のセクシー女医役で新境地

松本まりか「初めての挑戦がたくさん」フェロモン満載のセクシー女医役で新境地


テレビドガッチ

2019/1/12 06:00

三浦貴大と安藤政信がW主演する新ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレビ東京、1月12日スタート、毎週土曜21:00~)の記者会見が10日、都内で行われ、三浦、安藤のほか、山下美月(乃木坂46)、松本まりか、柳俊太郎、板垣李光人、原作者の知念実希人が登場した。

作家で現役医師でもある知念の人気シリーズ小説を初映像化。医療事故で患者を死なせたために働き場所を失い、VIP専門の医院「神酒クリニック」で勤務することになった生真面目な若手外科医・九十九勝己(三浦)が、クリニックの優秀で一癖も二癖もある名医たちに振り回されながら、患者のために奔走する姿を描く本ドラマ。安藤は院長の神酒章一郎役を演じる。

三浦は本作の仕上がりについて、「魅力的なキャラクターがたくさん。周囲に翻弄されながらやっています。現場は楽しくて、皆さん、キャラクターだけでなく本人の人間性も可愛い人たちばかり。みんなでわちゃわちゃしているんで、ゲストの方は入りにくいんじゃないかなって。作品もいい作品に仕上がっていると思います」と嬉しそうにコメント。

登壇者の中で最年長の安藤は「年の離れた人たちに囲まれて現場が楽しいです」と述べ、医師役としての役作りについても「医療に関してはちょうど『コード・ブルー』で医療に関して3か月、4か月ずっとやっていたので、それをそのままやればここでは通用するって思っていました。フジテレビのスキルをもってテレビ東京に来ました」と茶目っ気たっぷりに笑わせた。

女医・夕月ゆかりを演じる松本は、原作を読み感銘を受けたといい「原作からの延長線上で、だけどもっと飛び越えたようなアドリブも満載ですし、脚本になった時に“こんなに広がる作品なんだな”と。ドラマになった時にいろんなことができる、遊べる、そんな作品で、すごくこの個性豊かな共演者の皆さん……やっぱりすごく面白くてですね、いつも何が飛び出してくるか分からない。脚本を超えたものが毎日毎日現場で生まれてきていて、それが私にとっては初めての感覚」と新たな発見があった様子。フェロモン満載のセクシーな女医という役どころだが、「キャラクターはすごく個性的ですけど、すごく自由にやらせていただいて、初めての挑戦がとてもたくさんあって、本当に毎日楽しいです。それを皆さんが1月12日から、楽しみに観てくださったら嬉しいなと思います」と呼びかけた。

山下も役作りに余念がない様子。生まれながらの幸運の持ち主という設定の役だが、「生まれた時からわたしはそもそも運がいいんです。運がよくてここまでこれたと思うんです。芸能界に入れたのも運がいいから。役と近いところを感じます」と自信たっぷりの表情。ナース服を着るのは初めてだったといい、「ネットで検索して眺めて可愛いなってやっています」と役を楽しんでいる様子。「コーヒー占いをするシーンがあるので、今、ブラックコーヒーを飲めるよう頑張っています」と話して会場を和ませた。

柳はハッキングの能力に長けた内科医・黒宮智人を演じる。その上で「役作りとしてハッキングは結構して、何社かハッキングはさせていただきました。嘘です」とこちらも茶目っ気たっぷり発言。「とりあえず人見知りの役でもあるので普段から人見知りぶっていました。もともと自分にはそういう部分があるので。割と自分に近い役だと思いました」としみじみ。

32歳の精神科医・天久翼を演じる板垣は、実際は16歳で現場では最年少。「役としては(共演者と)年齢の近い人という設定なんですけど、実際は歳も離れているということで、年齢の近い感じを出すのに苦労しました」と感想を述べていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8256854