滝沢秀明も驚愕、ジャニーズのメリー喜多川が50歳若返った!? 100メートル15秒説も… 「超人の活力」で支配継続へ!

滝沢秀明も驚愕、ジャニーズのメリー喜多川が50歳若返った!? 100メートル15秒説も… 「超人の活力」で支配継続へ!


TOCANA

2019/1/12 08:00

 ジャニーズ帝国の女帝、メリー喜多川氏(92)が、なんと150歳まで生きそうだという衝撃情報をキャッチした。

1962年のジャニーズ設立以来、メリー氏は弟のジャニー喜多川氏(87歳)とともに事務所を切り盛りしてきた泣く子も黙る芸能界の重鎮。所属タレントを守るためならば、芸能界はもちろん、政界、財界、スポーツ界、はたまた闇社会まで使って封じ込めてきたのはよく知られている。スポーツ紙の元ジャニーズ担当記者が語る。

「とにかく怒ると怖い。さすが、戦後の芸能界で暴力団相手にも一歩も引かず大立ち回りを演じてきただけのことはありますね。とあるメディアがジャニーズ事務所のスキャンダルを報じようとしたところ、自民党の大物議員を使って潰したことがあるという噂まで聞いたことがあります。手段を選びませんからね」

そんな女帝も御年92歳。ジャニー氏も87歳と高齢で、いよいよ後進に道を譲る時期が来ている。SMAPを国民的アイドルにまで育て上げた元チーフマネージャーの飯島氏を追い出し、娘のジュリー喜多川氏を社長に据えることを宣言したのも記憶に新しい。

「ジュリー氏をメリー氏の後釜として、タレントのマネジメントや経営の司令塔を任せる体制になっています。また、演出やプロデュース面では、今後ジャニー氏に代わって滝沢秀明が務めることもすでに明らかになっている通り。これで世代交代を図ろうというわけです」(同関係者)

ところが、だ。メリー氏の思惑通りにいかない場面が増えている。権限をジュリー氏に委ねはじめたころから、所属タレントたちの不祥事が相次いだのだ。特に昨年は顕著だった。ジャニーズ事情に詳しい関係者が明かす。

「元TOKIO山口達也による少女への強制わいせつをはじめ、小山慶一郎と手越祐也の未成年飲酒、渋谷すばるの退所、今井翼の退所、Love-tuneの解散と退所……ざっと挙げても、不祥事やトラブルの雨アラレといったところでしょう。ジュリーさんの対策も後手に回り、その手腕には疑問符がついているのです」

頭を抱えたメリー氏だったが、発想を転換。「私がもうしばらくやる!」と再び自ら舵取りをするという。しかも、最新科学を利用して若返りを図っているというから穏やかではない。

「これまでメリー氏は、その若々しさから『海外で血の入れ替えなどをしているのではないか』という噂まで囁かれるほどでしたが、それにとどまりません。最近では、iPS細胞のようなものを培養させ、体内に取り込み、肉体年齢は50歳まで若返ったともっぱらの噂です。100メートルも15秒台で走れるとか(笑)。まあ、それは冗談でしょうが、杖や車椅子いらずになったのはたしか。150歳まで生きることも不可能ではないという声もあるようで、もはや超人の域に達しつつあります」(同関係者)

なんと、あと半世紀はメリー氏の天下が続くというのだ。これには前出のスポーツ紙記者も嘆くばかり。

「勘弁してほしい。ようやく世代交代ができるのに、息を吹き返したなんて、業界にとっては悪夢以外の何物でもない」

とはいえ、タレントたちにとってみれば、これほど心強い守護神はいない。メリー独裁政権は、当分の間、芸能界を震撼させそうだ。

(文=格闘アロエ)

イメージ画像:「Getty Images」より

当記事はTOCANAの提供記事です。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8257098